不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



相談しやすい担当者がいる不動産会社を選ぶことも大切

いま住んでいる不動産を処分したいと思っている方の多くは、住み替えを目的としていたり、親族の相続や介護、離婚など、その事情も様々です。

そのため新しい住居に移り住む前に、できるだけ手持ちの不動産を高く売りたいと思っている方が大半です。

そこで少しでもスムーズに不動産会社を見つけて売却を行う方法としてオススメなのが、不動産会社に一括で査定を依頼することができる「一括査定サービス」の利用です。

不動産の一括査定サービスとは?

不動産の一括査定サービスは、売りたいと思っている物件の所在地や敷地の広さ、築年数や物件の間取りなどの情報を入力することによって利用することができます。

複数の会社に査定を依頼することで、会社ごとの査定価格を確認することができますので、とても便利なサービスです。
また、一社ごとに査定を依頼するのは大変ですが、一括で数社にお願いすることができるので、労力もかかりません。

価格の根拠も確認しましょう

不動産会社から査定金額が提示された場合、なぜこの査定金額になったのかきちんと説明を受けることをオススメします。

物件に関するプラス評価だけでなく、悪い評価となったマイナスポイントを説明してもらうことで、所有する不動産の欠点も把握することができ、査定金額にも納得しやすくなります。

また、近隣の取引事例などの実際の売買価格も根拠にしてくれているのであれば、その価格の根拠には信頼性があるといえます。

近隣で売買実績があるか確認しましょう

また、不動産会社を選ぶポイントとして、それぞれの会社に、売ろうと考えている不動産のある地域で、これまで売買実績がどれぐらいあるか確認することも重要です。

自分の売ろうと思っているエリアで売買実績が多い場合には、地域の実情やどうすれば売れやすいかなどのノウハウを持っていると考えられますので、同じ地域で実績が多い会社に依頼するのもオススメです。

会社の知名度だけで選ばないようにしましょう

知名度のある大手の不動産会社であっても、その地域での売買実績がほとんどない場合には、せっかく依頼してもなかなか買い手が見つからないということもありえます。

場合によっては、大手の不動産会社よりも地域密着型の地元の不動産会社の方が早く買い手を見つけてくれる可能性もあります。

相談しやすい営業の担当者を見つけましょう

実際に不動産会社と媒介契約を結ぶと、担当の営業の方と定期的に連絡を取り合う必要が出てきます。

特に、初めて自宅を売る場合、いろいろ分からないことも多いため、丁寧に説明してくれる担当者がついてくれるだけで安心して相談することが出来るようになります。

会社選びをする際には、担当営業の方が、信頼のおける人なのかきちんと判断することも一つのチェックポイントです。

不動産の売買は、よほど人気の物件ではない限り、あっという間に買い手がついて売れるということは少なく、通常は数ヶ月かかりますので、相談しやすい担当者がいる会社を選ぶことも重要になってきます。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る