不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



信頼できる仲介業者を正しく選ぶことが重要

不動産を売ろうと考える理由は様々ですが、共通して言えることは高く売りたいと考えているということでしょう。
直接的なやり取りを行うケースも稀にありますが、基本的には売買には仲介業者を通すことが基本です。

つまり、高く売れるかどうかのポイントは、仲介業者を正しく選ぶことが重要だと言えます。

しかし、扱うものは家やマンションなどの大きなもので、何度も売り買いするものではありません。
そのため、見極める力が備わっている人は珍しいものです。
そこで、そういった人でも失敗しないように一括査定サービスを活用します。

一括査定サービスとは売ろうとしている物件の仲介となってくれる不動産会社の候補を、一括で表示して査定を申し込めるサービスです。

ひとつの会社からでは見えないことも、複数を比較することで掴めてきます。
Webサイトから利用することが可能で物件の所在地や広さ、築年数や間取りなどの情報を入力することで自動的に表示してくれます。

しかし、注意点として査定結果はあくまで目安ですので、安易に一社に絞るのはおすすめしません。
複数の査定結果から、おおよその相場を見られることは大きなメリットです。ただ、査定結果の表示を鵜呑みにせずに、その根拠をしっかりと確認することが大切です。

プラス査定やマイナス査定のポイントを上手く説明できなければ、契約を取り付けるためだけに他社より高い査定を出している可能性があります。

さらに、不動産によっても得意な物件というのがありますので、同じような種類の物件の販売実績を聞いてみるのも効果的です。

また、有名かどうかだけで決めてしまわないようにするのも注意しましょう。

広告などを打ち出していない会社でも地域に根づいた実績を持っている可能性があるからです。最終判断は査定に来る担当営業マンの質を見て決めます。

契約が決まれば、相談や営業などを任せることになります。

具体的な提案や解決方法をきちんと提示できなければ、契約者にとっても内覧者にとっても頼りないものとなってしまい、高く売るどころか買い手がつかないと言うことにもなりかねません。

実際に契約が決まって不動産を売りに出すと、実際に物件を見に来る人が現れます。
内覧者に良い印象を与えて、買いたいと思わせることが大切です。

基本的なところでは、部屋を片付けることです。
ただ、まだ住んでいる場合では全ての荷物を運び出すことはできません。

できる範囲で整頓し、できるだけ広さを演出できるように意識すると良いでしょう。

また、水まわりなどの汚れが目立ちやすいところは、ハウスクリーニングなどに頼むことも良い選択です。
値下げの打診になりそうな部分は、担当者と相談しながら解決しておくことが得策です。

不動産を高く売るためには複数の不動産会社を比較して、さらに扱ってきた物件や実績から絞り込んで、内覧希望者の購入意欲に働きかける準備が必要です。

ただ、重要となるのは営業から販売までパートナーとなる会社を選ぶことが最も重要になります。
最初の段階で躓かないように、複数の会社を比較して入念に検討することが大切だと言えるでしょう。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での勤務経験を活かし、不動産に関する話題を幅広く収集して、読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る