不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



初めて家を売る場合は「専任媒介契約」がおすすめ

不動産会社に売却をお願いする場合は、一般的に仲介を依頼して買い手を見つけてもらうことになりますが、この時に契約するのが「媒介契約」といいます。

媒介契約は、仲介の内容によって

専属専任媒介契約
専任媒介契約
一般媒介契約

の3種類がありますので、その違いなどについてご紹介します。

専属専任媒介契約とは?

専属専任媒介契約は、仲介をお願いしたその会社1社のみ仲介することができる契約です。
そのため、この契約を結んだ場合、売主(売り主)は他の仲介業者に仲介を依頼することはできなくなります。

また、仲介業者は売主に対して、買主を探すためにどのような広告を出したかなどの売却活動の報告義務がありますが、この専属専任媒介契約では、1週間に1回の報告義務があります。

なお、専属専任媒介契約では、もし売主自身が買い手を見つけて売却することができた場合にも、契約している仲介業者に対して仲介手数料を支払わなければいけません。
例えば、ご近所の知り合いがあなたの家を買いたいと直接あなたに言ってきた場合にも、仲介手数料が発生します。

専任媒介契約とは?

この専任媒介契約も、前述の専属専任媒介契約と同様、仲介をお願いしたその会社1社のみ仲介することができる契約です。
そのため、この契約を結んだ場合、売主(売り主)は他の仲介業者に仲介を依頼することはできなくなります。

また、仲介業者が売主に対して行う売却活動の報告義務については、2週間に1回となっています。

なお、この専任媒介契約では、専属専任媒介契約の時とは異なり、もし売主自身が買い手を見つけて売却することができた場合、媒介契約を結んだ仲介業者に対して仲介手数料を支払う必要はありません。

一般媒介契約とは?

この一般媒介契約は、3種類の媒介契約のなかで最も自由度が高いものになります。

売主は、複数の不動産仲介業者に対して、同時に仲介を依頼することが可能です。

また、この契約の場合、仲介業者は売却活動の報告義務がありません。

どの媒介契約がオススメか?

もし売主自身が不動産売買の経験があり、売主自身で広告なども出せる場合には「一般媒介契約」がオススメです。

一方、もし不動産の売買が初めての経験で、不動産の売却に関して知識がない場合には「専任媒介契約」がオススメです。

初めての人に「一般媒介契約」をオススメしない理由

一般媒介契約では、複数の不動産仲介業者に依頼できるので、一見とてもメリットが多いように感じますが、不動産会社の側からしてみれば「コストをかけて広告を出したりチラシを作ったりしても他の不動産会社が買い手を見つけるかもしれない」と考えるため、コストをしっかりかけて買い手を見つけてくれる不動産会社はほとんどありません。

また、不動産会社からの報告義務がないため、実際にどのような活動をしているかは分からないままになります。
ほかにも、複数の不動産仲介業者に依頼しているため、購入希望者から内覧希望があった場合、スケジュール調整などは全て売主が行う必要があります。

そのような理由により、不動産売買に関して未経験で、初めて不動産を売ることになる人には「一般媒介契約」はおすすめできません。

「専任媒介契約」がオススメの理由

一方、初めて不動産を売ることになる人には「専任媒介契約」がおすすめです。

まず、専任媒介契約では、売却を行うことができるのは1社のみとなるため、不動産会社からしてみれば、売却を頑張っていても他の会社が売却してしまうという心配がなくなります。

そのため、一般媒介契約に比べて、広告などにもコストをかけて頑張って買主を見つけようとしてくれます。

また、窓口を一元化することができるため、内覧のスケジュール調整も楽になります。

親身になってくれる不動産仲介業者を見つけましょう

以上のように、初めて不動産を売る場合には「専任媒介契約」を結んだ方がメリットが多いのですが、悪質な会社に依頼してしまった場合には、買い手が見つかっても売主には秘密にしたまま会社に都合の良い契約で話を持っていくようなケースもあります。

そのような不利益を被らないためにも、まずは不動産の査定時に営業担当者の人としっかり話をして、本当に信頼できる会社と媒介契約を締結するようにしましょう。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る