不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



不動産の買取業者に家を売るメリットとデメリット

最近は、中古不動産を買い取ってくれる買取業者が増えてきました。

不動産の買取業者と仲介業者の違いは、以下のようなイメージです。

仲介業者は、売主からの依頼で買主を探して、売買が成立することで仲介料金というかたちで売上が発生します。

一方、買取業者は、売主から不動産を買い取り自らリフォームやリノベーションをして、綺麗な状態にしたうえで販売します。
そして、その不動産を売却した段階で売上が発生します。

分かりやすくいうと、仲介業者は買主を探して仲介するのが仕事で、買取業者の場合は自らが買主となり、買い取った不動産をリフォームして販売するのが仕事といえます。

買取業者に売却するメリットとは?

不動産の買取業者に買い取ってもらうメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

1. 早い段階で現金化できる

通常、不動産を売却する場合は、3ヶ月以上かかるのが一般的で、買主が見つからない場合は、その分、現金化できる時期が遅くなりますが、買取業者に売却する場合は、買い取ってもらった時点で売買が成立しますので、早い段階で現金化することが可能になります。

2. 事前にリフォームする必要がない

古い物件の場合は、不動産が売れやすいように、必要に応じて水回りをリフォームしたり雨漏りなどを修繕したりすることもありますが、買取業者に売却する場合は、その後、買取業者が自らリフォームして販売するようになりますので、売却する段階でリフォームをする必要はありません。

3. 瑕疵担保責任を負わない

通常、仲介業者を通して不動産を売却した場合、売主は買主に対して「瑕疵担保責任」を負います。

「瑕疵担保責任」とは、分かりやすくいうと、売却してからも一定期間は何らかの欠陥が見つかった場合、その修繕のための費用を売主が負担しなければいけないというものです。

そのため、仲介業者を通して売却する場合は、事前に不動産に欠陥がないか慎重にチェックしておく必要がありますが、買取業者に売却する場合は、その責任を負う必要がありません。

4. 築年数がかなり古い物件を売る場合

築年数がかなり古く老朽化が目立つ場合、なかなか不動産の買い手が見つからないといったケースもありますが、買取業者はかなり古い物件でも買い取ってくれる場合がありますので、買主がいつまでたっても見つからないという場合にはとても助かります。

買取業者に売却するデメリット

一方、買取業者に売却する場合のデメリットについては、以下のようなことが挙げられます。

高い価格で売れない(相場の70%程度)

買取業者は、不動産を買い取って、その家をリフォームして販売するというビジネスモデルになりますので、買取価格が仕入れ価格となります。

そうなると、買取業者が利益を出すには、できるだけ仕入れ価格(買取価格)を低くしないといけませんので、買取価格はどうしても相場より低くなってしまいます。

一般的に、買取業者に買い取ってもらった場合、相場の70%程度の価格になるといわれています。

自分自身の事情を考慮して利用するか判断しましょう

買取業者を利用する場合のメリットとデメリットは以上のとおりです。

これらのメリットとデメリットを踏まえた場合、例えば、「安くても良いからすぐに現金が必要な場合」には買取業者を選択されても良いかと思いますし、一方、「焦らず、じっくり高値で売却できる買い手を見つけたい」と思われている場合には、仲介業者を通して買主を探された方が良いかと思います。

そのため、買取業者を利用する場合は、そのメリットとデメリットを踏まえたうえで、ご自身の事情などを考慮して、利用するかどうか判断するようにしましょう。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る