不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



とにかく早く売却したい場合は「不動産の買取サービス」がおすすめ

マンションや戸建てに住んでいると「不動産の買取サービス」のチラシが入ることも多いと思います。
また、最近は不動産の買取業者が人気でテレビCMをしている会社もあります。

これまでは、不動産を売却する場合、買い手を見つけてもらう必要があったため不動産の仲介業者に依頼するのが一般的でしたが、いまは不動産の買取業者の買取サービスを利用するのも選択肢のひとつとなっています。

» 買取業者と仲介業者の違いはこちら

不動産の買取サービス(買取業者)とは?

不動産の買取業者は、一般的に売主から不動産を買い取った後、買取業者が自らリフォームやリノベーションを施して、価値を高めたうえで第三者に販売します。

不動産の仲介業者の場合は、買い手を探して売主と買主の橋渡し(仲介)をするのが仕事ですが、買取業者の場合は自らが買主となる点で、仲介業者とは大きく異なります。

買取サービスのデメリットは?

買取サービスを利用した場合のデメリットは、高い価格で売れないことです。

言い方を変えると、高い価格で買い取ってもらえないということになります。

どれぐらい安くなるかというと、一般的に相場の70%程度と言われています。

ただ、不動産を売却したいと考えている方は、実際、金額は二の次で、とにかく早く売って不動産を手放したいと考えている方も多いのが実情です。

そのような方には、デメリットよりもメリットの方が大きいので「買取サービス」がおすすめです。

買取サービスのメリットは?

具体的なメリットは以下のとおりです。

かなり古い家でも売ることが可能

通常、築年数がかなり古い物件を仲介業者にお願いした場合、なかなか買い手が見つからず、だらだらと日にちだけが過ぎていくことも多くあります。

もし相続などで家を譲り受けた場合には、売却先が見つかっていないのに相続税の支払い期限が先にきてしまう恐れもあります。

一方、買取サービスでは、すぐに現金化が可能です。

事前に提示してもらった金額で売却できる

仲介業者に売却を依頼した場合、事前に査定してもらった金額よりも安い金額でしか売れない場合があります。

一方、買取サービスの場合は、事前に提示してもらった買取価格でそのまま買い取ってもらうことが可能です。

瑕疵担保責任を考えなくてよい

仲介業者に売却を依頼して不動産を売る場合、売主側は買主に対して「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」というものを負います。

「瑕疵担保責任」は、一言でいうと「不動産に何か欠陥が見つかった場合、売却後であっても、その修繕のための費用は売主が負担しなければいけない」というものです。

そのため、通常は事前に売る物件に何か欠陥がないか、しっかりチェックしておかないといけないのですが、買取サービスに売却する場合は、その瑕疵担保責任を負う必要がありません。

目的に合わせて会社を選びましょう

以上のとおり、不動産の売却にあたっては、不動産の仲介業者に依頼した方がよいのか、それとも買取サービスを利用した方がよいのか、その目的に合わせて選ぶことが大切です。

金額は安くなってもいいから、とにかく早く不動産を手放したいと思っている方は、買取サービスをおすすめします。

一方、時間がかかってもいいから可能な限り高値で売却したいと思っている方には不動産仲介業者がおすすめです。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産の価格が気になる方」や「不動産会社を探されている方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「スマイスター」です。

無料の一括査定サイト【スマイスター】

» 日本最大級の不動産一括査定サイト【スマイスター】

  • 一度の入力で最大6社に一括で査定依頼できます。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手上場企業から地域密着の企業まで、多数の不動産会社が登録されています。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る