不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



家を早く手放したい場合には安い価格になるかも

不動産を高く売るコツと言うのはとても難しいものがあります。
ひとつには価値以上の値段で売るということがあるからです。

それは売る側に立てば嬉しいことには違いないのですが、よく考えると必要以上に稼ぐという結果になるので、本来の姿から逸脱しているということであり、人間関係とか売り手と買い手のWINーWINの関係ということを意識すれば、それに悖るのものなので決して望ましい姿ということにならないからです。
逆に言うと、価値以下の値段で売るということも問題が残るということにもなります。

という視点からすると、価値そのものを適正に評価し、その評価のとおりに売るのが良いという結論です。
そして以上でも以下でもなくすることが、本来の高く売るということに合致することとなるのです。

このことからすると、不動産売買では値段をいかに設定するかということに尽きます。

多くの場合、買い手から値切る交渉が入ることを想定して、やや高めの設定をすることが見受けられます。あるいはそれを意図しなくても、値切られる余地を残すということはあります。

このことは間に入る不動産屋からもあらかじめ説明があり、「表示価格通りになるとは限りませんよ」という言葉に代表されます。

しかし、この売り方では結果的に本来求めるものとは異なることになる恐れがあるので、もう少し考える必要があるというものです。

ではどうすればいいかと言うと、余計なことを考えないで、価値とイコールになる値付けをすることです。

現実的には、自分たちが売りたい値段と買い手の考えを配慮したうえで、唯一絶対の値付けをして、その価格から高くも低くもないもので取引を完了させることが目的にかないます。

言うは易く行うは難しということになりますが、それでも信念を曲げずに貫くということが大切になります。

もちろん早く売りたいという場合には適さないことにもなりがちです。その値段でいいという買い手が現れるまで辛抱する必要もあります。

しかもどういうケースでも買い手はダメで元々という気持ちがあるので、値切りを求めてくることは往々にしてあるからです。不動産屋もこうした場合売買成立を図りたいために値下げをサジェスチョンしてきます。

ここが肝心なのですが、あらかじめ不動産屋には値下げには一切応じないということを明言しておくことです。
そしてその前に適正価格ということを絞りに絞り込んで、揺るがない一点集中のものにしておきます。

それでも現実的には不動産屋は「気持ちだけでもおまけしたらどうか」などと接してくるのが普通ですから、その際には「提示価格で受け入る買い手が現れるまで待ちます」「最初にそういうことで行きたいと打ち合わせしたはずです」と毅然とした態度を示すことがポイントになります。

買い手にその旨をもう一度伝えてもらえば、相手もWINーWINを意識した値付けであることを理解してくれることになります。

振り返ってみればわかる通り、本来の価格から値引きすることなく売買が成立するというのが、高く売るということに通じるということになるはずです。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での勤務経験を活かし、不動産に関する話題を幅広く収集して、読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る