不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



マンションや一戸建てを高く売るなら、ドアを開けたときの印象も重要

持ち家であるマンションや一戸建てを高く売るにはコツがあります。

不動産の査定額は、このくらいの価格で売れるだろうという予想金額です。

査定額が高くても、実際に買い手がないと売値が下がってしまうこともあります。

不動産の査定には、訪問査定と机上査定があり、訪問査定は不動産会社の担当者が家を訪問して査定を行います。

机上査定は物件の周辺環境や立地条件、築年数などの情報から判断して査定額を出します。

訪問査定の方が、より詳細な査定価格を提示することが可能です。

査定額に影響する要素の中には重要なポイントが複数あります。
ひとつは最寄り駅からの距離です。

最寄り駅からの距離が近いほど高評価が可能です。

周辺環境も重要で生活に欠かせないスーパーや病院、銀行などが徒歩圏内にあると評価が高くなります。
学校や図書館、市役所などの公共施設が近くにある物件は人気があります。

車を使う人が多い地域では、駐車場の有無も大切なポイントです。
築年数は査定に大きく影響を及ぼします。

築10年以上経つとマイナス評価になり、築10年よりも新しい場合はプラス査定になるケースが多いです。
耐震性も重要で、新しい建物であれば耐震基準に適合しています。

建物は年数が経つにつれて徐々に劣化します。
リフォームをして水回りやクロス、床などを新しくしていれば、それだけ評価が高くなります。

中古物件の情報を見ると、きれいにリフォームされて売りに出されている物件が多いです。

一戸建ての場合は、角地は高く評価されます。周りに建物がなく日あたりが良い物件も高評価を受けやすいです。

最近は高層マンションが多くなっていますが、マンションの場合は窓からの眺めも大切な査定ポイントになります。
角部屋はプラス評価になることが多いです。

一戸建ての場合は、間取りが特殊であるなど家を建てた人の個性が強く出ている物件は査定額が低くなることがあります。

今は家の周りに何もない状態でもショッピングモールなどの商業施設の建設が予定されている場合は、将来の価格が上昇する可能性が高くなるのでプラス査定になることが多いです。
自分が所有している物件にどのくらいの価値があるのか、不動産会社に問い合わせて調べてみることも大事です。

初対面の人と会う場合は第一印象が重要になりますが、家も同じで印象が良い物件ほど早く売れる傾向があります。

場合によっては百万円以上の差が出ることもあります。家というのは多くの人にとって一生に一度の大きな買い物になります。

マンションや一戸建てを早く売りたい場合は、リフォームなどを施して新築のモデルルームのようにしておくと売れやすいです。

特に劣化しやすい水まわりは、リフォームをしておいた方が安心です。

何もせずに劣化した状態だと、値引き交渉をされることもあります。
ドアを開けたときの印象も重要です。玄関から入ったときに清潔感があり明るい雰囲気にしておくと、第一印象が良くなります。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での勤務経験を活かし、不動産に関する話題を幅広く収集して、読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る