不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



相談しやすい担当者がいる不動産会社を選ぶことも大切

いま住んでいる不動産を処分したいと思っている方の多くは、住み替えを目的としていたり、親族の相続や介護、離婚など様々な事情をお持ちの方が増えてきています。そのため新しい住居に移り住む前に、出来るだけ手持ちの不動産を高く売りたいと思っている方が大半です。

そこで少しでも高く売る方法として重要になってくるポイントが、不動産会社などが行っている「一括査定サービス」を利用する方法です。

この一括査定サービスとは、売りたいと思っている物件の所在地や敷地の広さ、築年数や物件の間取りなど、細かく情報を入力することによって、その物件に適した不動産会社が自動的にピックアップされて利用する会社を最低限に絞ることが出来る事が可能となります。

そのためどの会社に物件買い取りを行ってもらうか判断することが難しいという方も、とてもよい参考になると利用者が増えてきているのです。

ただ表示された複数の会社は、その時点で一社に絞り込んでしまうことはせずに、複数の会社に一度査定を依頼してみて、査定金額が1番高い会社を選ぶようにすると、査定額の差を比較して物件を売ることが出来るのでムダを最小限に抑えることが出来るメリットがあります。

一度会社から買い取り査定の金額が提示された場合、出来るだけなぜこの査定金額になったのかきちんと説明を受けましょう。

査定金額を元に、物件や土地に関する良い評価をしたポイントや、悪い評価となったポイントをできるだけ細かく説明してもらうと、査定金額にも納得することができます。

また、周辺の事例なども交えながら説明してくれる会社の根拠は信頼性が高いため、買い取りもスムーズに行うことが出来るのです。

また不動産会社選びを行うポイントとして、それぞれの会社に、皆さんが売ろうとしている物件およびエリアでの売買実績がどれくらいあるのか確認することも重要です。

直近2年以内に、自分の売ろうと思っているエリアの物件の売買実績がどれくらいあるのか会社ごとに比較することで、買い手を見つける実績が高い会社を見つけることができます。

いくら大手の会社であっても、売買実績が低い会社に依頼をしても、いつまでたっても売れなければ時間とお金のムダになってしまうため、大手の会社よりも地域密着型の中小会社のほうがずっと実績が高い場合も少なくありません。実際に不動産会社と契約を行うと、担当の営業の方と定期的に連絡を取り合う必要が出てきます。

特に初めて自宅を売るという方の場合、色々わからない部分も丁寧に説明してくれる担当者が付いてくれることは、安心して相談をすることが出来るようになります。

会社選びをする際にも自宅の査定に来てくれた担当営業の方が、信頼のおける人なのかきちんと判断することも一つのチェックポイントです。
物件の売買は人気の土地や物件では無い限り、短期間ですぐに売れるということは少なく、長期間かかることも珍しくないので、相談しやすい担当者がいる会社を選ぶことも高く売るために重要になってきます。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での勤務経験を活かし、不動産に関する話題を幅広く収集して、読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る