不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



売却までに時間がかかると、その間に値崩れしてしまう可能性も

不動産を高く売るコツはたくさんありますが、一番確実なのは物件に利害関係のない不動産の専門家(コンサルタントなど)に相談をすることが良いでしょう。

そのエリアについて詳しい専門家であれば、知らない情報などもいろいろ教えてもらうことができます。
ただ、こういった専門家の方と全く接点のない方の場合には、突然そのような人に相談に行くというのはハードルが高いかもしれません。

次に確実な方法は、複数の業者にお見積書を作ってもらい、比較をすることです。
複数の業者に同時にお見積書を作ってもらうことで、一度で比較することができます。

インターネットに掲載されている口コミ情報を読むよりは手間がかかってしまいますが、それでも確実に自分が売ろうとしている不動産の料金を明確に知ることができる点は良いところであると思われます。

もちろん、そのお見積書を専門家のもとに持っていくことで、適正価格を提示して売ろうとしている業者も知ることができるでしょう。

査定から時間が経ってしまうと査定価格が下がることも

注意しなければならないのは査定してもらってから、しばらく期間が開いてしまうことです。

不動産仲介業者に査定価格を出してもらってから何年も経ってしまうと、その金額で売ることは困難になっている場合もあります。

土地やマンションなど不動産は、時とともに価格が変化するもので、また建物は築年数が増えれば増えるほど一般的に価格は下がってしまいますので、査定から時間が経ってしまった場合には、再度しっかり査定してもらった方が確実です。

なお、売却までの時間については、以下の記事でも詳しく説明していますので参考にされてみてください。
» 不動産の売却にかかる期間は?売却までの流れとスケジュール

査定価格で必ず取引が成立する訳ではない

不動産仲介業者に売却を依頼した場合には、購入希望者が見つかることで売買が成立します。

そのため、購入希望者が少ない場合には、値下げをして売却するケースもあります。

査定価格は売却できる金額ではなく、あくまでも相場のつもりで確認するようにしましょう。

日ごろから相場を知るようにしておく

売却を検討する期間が長引けば長引くほど、値崩れしてしまう可能性もあるので、価格と相談をしながら、正確に素早く判断を下せるようにしましょう。

もちろん専門家だけでなく、家族とも話し合うことも重要です。

土地であればその土地を継承する可能性のある子どもともじっくり話し合いをしましょう。とはいえ値崩れする危険もあるので、判断はなるべく早めに下せるようにしなければなりません。

話し合いをする前に事前に様々な方面から検討できるように調べておくことも重要になるでしょう。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る