不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



家を売る前にリノベーションするなら、費用とのバランスが重要。

最近はリノベーションという言葉が一般的になってきて、古くなった一戸建ての家やマンションをリノベーションする人も増えてきました。

リノベーション物件はデザイン性の高いものが多いため、賃貸でも大変人気です。

そのため、自分の一戸建ての家やマンションを売却する際にも、「築年数がかなり経っていて見た目が古いのでリノベーションした方が高く売れるのではないか。」と考えられる方も多くいらっしゃいます。

確かに、ただ老朽化が目立つ物件より、リノベーションされたデザイナーズ物件の方が人気が高いのも事実ですが、必ずリノベーションした方が良いとは言い切れませんので注意が必要です。

リフォームとリノベーションの違い

リフォーム

リフォームとは、老朽化した建物を新しい状態に戻すことをいいます。
古い設備を新しくしたり、最近流行りの壁紙などに変えたり、と、キレイな状態にしたり、最新の設備に変える場合などに「リフォーム」という言葉が使われます。

リノベーション

一方、リノベーションとは、古くなった建物に大規模な工事を行って新しい価値を生み出すことをいいます。
例えば、間取り自体から作り変えて、よりデザイン性の高い建物にしたり、あえて古い部分を残しながら無垢の木材を利用してデザイナーズ物件のようにしたり、と、大規模な工事を行って新しい価値を生み出す場合などに「リノベーション」という言葉が使われます。

リノベーションにかけた金額を回収できるとは限らない

もちろん老朽化したままの家よりもリノベーションした建物の方が見た目もキレイでお洒落なので、気に入る人も多いのですが、そのリノベーションにかかった費用を上乗せして売却できるとは限りません。

不動産を買いたいと思っている人は、もちろん予算がありますので、このエリアでこれぐらいの広さなら、これぐらいの金額が上限かな、と考えているものです。

そのため、付近の相場よりも大きく離れた金額で売り出すと買い手がなかなか見つからなくなるため、リノベーションにかかった費用を回収できない場合もあります。

また、リノベーション物件を探している人がいたとしても、センスは人それぞれですので、このリノベーション物件は好きじゃないと思われる可能性もあります。

そういった場合には、必要最低限のリフォームだけ行って売りに出した方が、売却価格も低く抑えることができますので、買い手にとっても安く手に入れることができ、早く買い手が見つかる場合もあります。

戸建て住宅の場合は、取り壊しが前提の買い手もいる

不動産の買い手は、個人に限らず宅地分譲を行っている不動産会社の場合もあります。

そういった不動産会社が、あなたが売ろうと考えている建物を見て、「これなら取り壊して更地にした方が売りやすい」と考える可能性もあります。

その場合には、変にリノベーションして売却金額が高くなってしまった物件だと、「この金額だと高すぎて利益を出せない」と考えて、購入を断念する場合もあり得ます。

リノベーションして売るかどうかは慎重に

以上のように、最近はリノベーション物件の人気が高まっていますが、リノベーションしたからといって、必ず、その分ほど高く売却できるとは言えませんので、慎重に考える必要があります。

もちろん、水漏れや雨漏りなどの必要最低限の補修は行っておいた方が良いですが、まずは不動産仲介業者の担当者としっかり相談されることをオススメします。

» 不動産の価格をチェック(無料)

あなたの不動産が今いくらなのか、ぜひ無料でチェックしませんか?
わずか60秒で、複数の不動産会社に一括査定を依頼できます!


不動産を売るなら、完全無料の一括査定サイトがおすすめ

「不動産の価格が気になる方」や「不動産会社を探されている方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に査定を依頼できますので、大変便利です。

あなたの不動産が今いくらなのか、無料でチェックできます。

おすすめの一括査定サイトはこちら

» 無料で一括査定【イエウール】

特徴

  • わずか60秒で不動産の一括査定を依頼できます。
  • 一度の入力で全国の不動産業者へ一括査定依頼
  • 全国1600社以上の厳選された不動産会社が対応
  • 大手不動産会社から地元密着型の不動産会社まで
査定費用不動産会社対応不動産
無料 全国の厳選1600社以上 マンション/一戸建て/土地など

» イエウールはこちら

あなたの不動産が今いくらなのか、ぜひ無料でチェックしませんか?
わずか60秒で、複数の不動産会社に一括査定を依頼できます!

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る