不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



同じマンションで同時に何室も売りに出ていないかチェック

マンションの売却を検討されている場合に、事前にチェックしてほしいことがあります。

戸数の少ないマンションであれば、そんなに問題になることはありませんが、比較的大規模なマンションの場合、売却のタイミングが重なり、同じマンション内で同時に何室も売りに出されている場合があります。

このタイミングでは、マンションを高値で売ることが難しくなってしまいますので要注意です。

なぜ高値で売るのが難しくなるのか?

同じマンション内で、マンションを売却しようとしている人は、それぞれ売りに出す事情を抱えています。

なかには、安くてもいいから可能な限り早く不動産を手放したいと考えている人もいます。
そのような場合には、相場よりも低い金額で広告が出ていますので、高値で売りたいと考えていても、価格の差が大きいと売りにくい物件になってしまいます。

もちろん、同じマンションでも眺望や階層、内装には差がありますので、あなたの部屋を一番気に入ってくれれば大丈夫ですが、それほど際立った違いがない場合には、どうしても価格勝負になりがちです。

同時に何室も売りに出ているとネガティブな印象も

また、同じマンション内で同時に多くの部屋が売りに出されていると、買い手からはマンションに何か問題があるのではないかとネガティブに考えてしまう場合もあります。

こうなってしまうと余計に売ることが難しくなるため、このタイミングでの売却は可能であれば避けたいところです。

ただ、良いタイミングになるまでずっと待っておくのも実はデメリットがあります。
もし、売却のタイミングを見計らっている間に、同じマンションで安く売れた部屋が複数あると、今度はそれが相場になってしまう可能性もあり、高値で売るチャンスを逃してしまう恐れもあります。

室内を綺麗にしておくことが大切

売るタイミングを見極めるのはとても難しいので、あまりそのタイミングばかりに神経質にならないことが大切です。

売主の方ができることとしては、部屋の中をできるだけ綺麗にしておくことです。
購入希望者の内覧があった時に、なんとなく汚いなと思われてしまうと、購入意欲は一気に下がってしまいます。

また、そのマンションのエントランスや共用部分の廊下などがとても高級感がありオシャレであったとしても、それは同じマンションであれば条件は全く一緒になります。

そのため、他の部屋と差別化を図ることができるのは室内の状況や眺望、方位などになります。

購入検討者が内覧した際に、この部屋は眺望もいいし、室内も新築のようにキレイだと思ってもらえれば、それだけで他の部屋よりも有利に立つことが可能になりますので、まずはできるところから進めておきましょう。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る