不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



エリア重視の人には不動産を高く売れる場合があります

戸建て住宅やマンションの中古物件を購入したいと考えている人は、物件のいろいろな要因を考慮して買う家を決めることになりますが、「物件のエリア」も重視されることの多い項目となります。

具体的に、エリアを重視する購入者の場合は、

そのエリアが子供の校区(通学区域)となっている場合
そのエリアが憧れやステイタスとなっている場合
そのエリアに地縁がある場合

などがあります。

そのため、ちょうど売りたい物件のあるエリアで不動産を探している人がいた場合、タイミングさえ合えば相場よりも高く売れる場合もあります。

① そのエリアが子供の校区(通学区域)となっている場合

2人目の子供ができた場合など、子供が増えた段階で一戸建てやマンションの購入を考えるご家庭も多いようです。

ただ、長男や長女がまだ小学校低学年であったりすると、遠くに引っ越してしまうと転校する必要がでてきてしまうため、転校が必要のない同じ校区で不動産を探す場合も多くなります。

その場合は、「同じ校区にある物件」が最も重視される項目になりますので、希望の間取りと少し違っていたとしても、十分購入される可能性があります。

もちろん子供もいますので面積が小さすぎたり部屋の数が少ない場合には検討リストに入りませんが、3LDK以上であれば問題ないかと思います。

② そのエリアが憧れやステイタスとなっている場合

売却したい不動産のあるエリアが、憧れのエリアとして認識されていたり、そこに住むことがステイタスとなっているような場合には、売却する際の相場も高めになっていることが一般的ですし、人気があるため比較的容易に買主が見つかる可能性もあります。

このようなエリアに住みたいと考える購入希望者は、新築だけが候補となっている場合は少なく、中古物件も検討リストに入っている場合が多くあります。

また、できるだけお金をかけずにそのエリアに住みたいと考えている人は、中古物件だけを視野に入れている可能性もあります。

前述の①とは異なり、こちらの場合は、子供のいない新婚の夫婦なども購入者として想定されるため、場合によっては部屋数や部屋の広さよりも、そのエリアに住むということ自体が重視されている場合もあります。

③ そのエリアに地縁がある場合

不動産の購入者希望者がエリアを限定して物件を探している場合、その地域に地縁がある場合も多くあります。

具体的には、たとえば「地元に帰って暮らしたい」といった場合や、「両親が住んでいる近くに引っ越したい」といった場合などがあります。

この場合も、不動産を探す人はエリアを絞って検討するようになります。
まずは希望のエリアで探してみて、もし物件がなければ少し範囲を広げてみるといった探し方が多いかと思います。

不動産を売りたい人にとってはチャンス

以上のように、エリアを限定して不動産を探している人にとっては、「不動産の外観や内装」よりも「不動産のある位置」が重視されるようになります。

その場合、内装などが少し希望の物件とは異なっていたとしても、ちょうど探している地域にあるということが大きなメリットとなります。

また、エリアが限定されればされるほどライバルとなる物件は少なくなりますので、ちょうど不動産を売るタイミングと買いたい人がいるタイミングがあえば、相場よりも高い金額で売却できる可能性があります。

もちろん、雨漏りなどがある場合には大きなデメリットとなりますので、売りにだす段階で、できるだけ綺麗な状態でリフォームも必要ない状態にはしておく必要があります。

ただ、前述のとおり、不動産のエリアを限定して探している人がいる場合には、相場よりも高く売れるチャンスといえます。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。

> トップページに戻る